【家計簿は意味がない!? 】ほとんどの人に必要ない3つの理由

毎月家計簿って付けてますか?

タマ子のアイコン画像タマ子

私はもう3年ほど家計簿は付けていません。

夫:ジローのアイコン画像夫:ジロー

あれ!?でも貯金できてるし、赤字とか聞いたことないよ?

  • 家計簿を付けるのが面倒
  • 使い過ぎて落ち込むことがある
  • つい後回しにしてレシートが溜まる

そんな人は、思い切って家計簿を付けるのはやめて、違う家計管理法を試してみましょう!

ほとんどの人は家計簿を付ける必要がない3つの理由と、ずぼら主婦にでも出来る家計管理法をご紹介します。

目次

家計簿をつける必要がない理由

家計簿をつける必要がない理由

「毎月の収支を項目別に分析して、その都度修正・実行できている」という人は、そのまま家計簿で家計管理をしてください。

しかし、ほとんどの人は「今月使い過ぎちゃったな、来月は気をつけよう!」と漠然とした目標で終わってしまいます。

記録が目的になっている

一つ目は、家計簿を付けるのがノルマになって、記録を付けただけで満足してしまう場合です。

ママ友:ユミのアイコン画像ママ友:ユミ

家計簿をしっかり付けてる人が、立派な主婦みたいな風潮あるよね…

タマ子のアイコン画像タマ子

そうそう、私も家計簿付けてる時はそれで家計管理やってる気になってたよ。

収支の把握をするのは大切ですが、そこから何が問題なのか、どう改善していくのかを分析しないと記録する意味がありません。

 レシートが溜まる

二つ目は、財布の中にレシートが溜まることで、現金の残高を把握できていない場合です。

レシートを財布から出して家計簿と一緒にしている場合でも、未記入のレシートが溜まると家計簿記入が面倒になります。



買い物した時にレシートをその場で処理するようにすると、財布がスッキリして常に残高を意識できるようになります。

③大幅な時間をロスしている

家計簿と向き合って、レシート内容を記入する…この行為にどれだけ時間がかかっているでしょうか?

私が家計簿を付けていた時は、マーカーを引いたり、電卓で計算したりして時間をかけて記入していました。



1日10分だとしても、1ヶ月で5時間、年間60時間もの時間を家計簿に費やしていることになります。

タマ子のアイコン画像タマ子

他の方法で家計管理できるなら、この時間を勉強にあてるか、子供と遊ぶ時間にあてた方が有効だね!

ずぼら主婦でも出来る家計の管理法

ずぼら主婦でも出来る家計の管理法

FPタマ子の家計管理法

まず下準備として、毎月どの項目にいくら使っているか把握する必要があります。

これから新生活を送る、今まで全く家計把握を行ったことがないという人は、1〜2ヶ月だいたいの収支をチェックすることをおすすめします。

給料日に項目別に分ける

最初に必要な分はまとめて引き出して、以下の例を参考に項目で分けます。

  • 貯蓄
  • 居住費・水道光熱費
  • 保険料
  • 通信費
  • 交通費・ガソリン代
  • 生活費(食費・備品費・外食費)
  • 医療費
  • 教育費
  • 特別費
  • 小遣い
タマ子のアイコン画像タマ子

最初は項目ごとに分けるのが大変だけど、一回コツを掴めば入金する銀行ごとにまとめて、「〇〇銀行 〇円」「△△銀行 △円」というように、2~3項目に分けるだけでOKになるよ!

銀行口座や電子マネーに入金する

次に、引き落とし予定のものは事前に銀行口座に入金しておきます。

タマ子のアイコン画像タマ子

先に入金しておくことで、残高不足や入金前の資金不足で焦ることがなくなるよ!

生活費は必要分を電子マネーに入金しておくか、クレジットカードがメインの場合は事前に銀行口座に入金しておきます。

現金支払いメインの方は、この機会にキャッシュレス化を検討してみてはいかがでしょうか?



おすすめは残高が分かって家計が管理しやすい電子マネーです。

クレジットカードでもポイントが貯まりやすいカードを選ぶと、後からお得に買い物することができます。

※ポイントについては、別途「楽天経済圏」で説明していきます。

あわせて読みたい
楽天経済圏とは?楽天サービスでまとめてお得にポイントゲットする方法
楽天経済圏とは?楽天サービスでまとめてお得にポイントゲットする方法オンラインショップの楽天市場をはじめ、金融や通信、保険まで幅広いサービスを提供している「楽天」。この楽天サービス、使い方によって大幅な節約になることはご存知…

特別費を積立しておく

急に冠婚葬祭の予定が入ったり、年間行事で予定外の出費がかさんだりして焦ったことはありませんか?

毎月の支払以外で考えられる出費は以下の項目があります。

  • 誕生日・クリスマスプレゼント
  • 母の日・父の日・敬老の日
  • お年玉
  • お中元・お歳暮
  • 帰省・お土産代
  • 自動車税・車検
  • 旅行
  • その他冠婚葬祭

必要な特別費をを足して、12で割った金額を毎月積み立てておけば、「今月ピンチ!!」という状況を避けられます。

タマ子の家計管理法まとめ

  1. 最初の月だけ細かく項目に分ける
  2. 次の月からは銀行口座ごとに入金 電子マネーに入金 特別費積立 手元の現金の4つに分けるだけ
  3. 残高を意識しながら、買い物する
タマ子のアイコン画像タマ子

生活費のやりくりが難しい場合は、週ごとに使う金額を決めるといいよ!

夫:ジローのアイコン画像夫:ジロー

残高が余ったら、週末に贅沢してもいいね!

データを残したい場合はアプリで管理する

データを見て内容把握をしたい場合は、手書きの家計簿よりも、レシートを読み込むだけの家計簿アプリをおすすめします。

財布にレシートをしまう前に、さっとスマホで読み込んでレシートを破棄すれば、後からまとめて処理する必要もありません。

家計簿アプリを使用するなら、以下の機能があるものを選ぶと良いです。

  • レシート読み取り機能
  • 銀行口座やクレジットカードとリンクできる

家計管理を長く継続するには、簡単であることと楽しみがあることが重要です。

先取り入金とアプリで手軽に管理をして、余った分は好きなものを買ってもOKと決めておくと、楽しみながら節約ができますよ!

家計簿をつける必要がない理由まとめ

ほとんどの人には家計簿が必要ない理由と、ずぼら主婦でもできる家計管理法をお伝えしました。

一人暮らしや実家暮らしの場合でも使える管理法なので、自分流にアレンジしてみてください。

家計簿をつけずに家計管理
  • 家計の把握だけでなく、改善していかないと意味がない。
  • レシートが溜まると残高を意識しづらくなる。
  • 家計簿をつける時間を他の時間に使った方が有効。
  • 先取り入金で残高を意識する方法が楽。
  • 家計簿を付けるなら、レシート読み取りと銀行口座リンクができるアプリが便利。

最初は項目ごとに金額把握するのは時間がかかりますが、一旦コツを掴めば、毎月数分で家計管理ができますよ。

大変な作業は続かないので、とにかく楽な方法で継続できるようにしていきましょう!

目次
閉じる